出生後すぐから今までずっとアトピー性皮膚炎で悩み、長いこといろんな対処法を試してきました。

今はかなり落ち着いてきましたが、それでも季節の変わり目、気温と湿度、これらはアトピー性皮膚炎に大きく作用します。

その時期に合わせて対処法を変えることで炎症をおさえて苦痛を減らせるようにはなっています。

自分の身体で実験をして記録を残していくことで、次の年、そのまた次の年とデータは増え自分にとって相性の良い対処法を見つけることが可能になります。

基礎化粧品もかなりジプシーしましたし、ファンデーションなども数回使って、やはり肌がボロボロに荒れて泣く泣く捨てることになったことも数知れずです。

今はちゃんと自分の肌に合ったものを長期間使えています。

 

自分の身体で実験&データ収集といえば、糖質制限もそうでした。

みるみる変わる自分の肉体におどろきながらも、とにかく実践してみるって大事なんだなと思いました。

試してみた結果、合わないことなんてザラにあります。でもそれがデータなんですよね。

自分に合わないモノ、コトのデータを収集していくと、次に選ぶ時にもっと精査して選べる。

 

自分の身体で実験!を楽しんでできるといつの間にか自分の心と肉体と向き合うことが日常生活の当たり前になっています。