昨日のブログでご紹介した玉露のお茶。

【数量限定】匠シリーズ 玉露名人茶 昇(のぼる)

それでは準備して玉露を淹れてみましょう!

お湯の温度は50℃~60℃

茶葉一人あたり5g

お湯の量50~60cc(少ない!)茶葉が吸うので飲むときはさらに少ない!

1分半~2分待ちます

 

いざ開封、クンクン・・・磯の香り、なんと青のりの匂い。

この時点ですでに知っている緑茶の匂いとは全然違う、山のものなのに青のりの匂いがします!

 

我が家の急須(ティーポット)は1リットル用なので、とても50ccのお茶が美味しく淹れられません。

カップに茶葉を淹れ、そーっとお湯をそそぎます。

2分待ちます。

すっかり茶葉がふくらみました。

それでは別のカップに注ぎ入れます。

少ない(笑)

緑というよりは黄色です。

やはり磯の匂い・・・

飲んでみます。

 

!!!!これだ~~~!!

やはり、これは緑茶とは全然違います!

口に含んだ瞬間のこのびっくりする感じ、数年前に体験したものと一緒です。

味自体はすっかり忘れていたせいか、味の衝撃が数年前とまた同じ。

これはぜひ試してもらいたい。玉露というものがいったいどんな味なのか。

玉露初体験の皆さまはどんな反応をされるのでしょうか?

 

まだ茶葉があります、玉露を体験してみたい方ぜひカフェCharruへどうぞ!お茶菓子もご用意します。
5分間整膚のお試しと玉露とお茶菓子(整膚と玉露って不思議な組み合わせ・・・)で500円です(茶葉終わり次第終了です)

本日は通常の整膚のご予約を頂いているので、施術後のティータイムに玉露とお菓子をお出しします!